返答が正しいJSONレスポンスではありません。の解決方法7つ

(スポンサーリンク)

こんにちはOzパパです。

今日は先日突然現れて、私を苦しめた
エラーの事を紹介します。

このエラーはWordPressで起こるエラーみたいで、JSONレスポンスエラーと
呼ばれています。

現象としては記事の保存ができなくなってしまうエラーです。

そこで今回は私が試した、JASONレスポンスのエラー解決の内容を公開します。

同じエラーにはまっている人のお役に
立てれば、嬉しいです。

この記事を読むとわかる事

更新に失敗するJASONレスポンスのエラーが解決出来る。

(スポンサーリンク)

Contents

JSONレスポンスエラーの状態

私の場合は、Cocoonのアップデートの後に記事を作成していた時のこと。

プレビューで記事をしようとした時に、こんなメッセージが表示されました。

エラーの表示画面
リンク元 https://tabibitojin.com/wordpress-json-response-error/

その後下書きも保存されず、記事の内容は反映されずに自動下書きと表示、
もちろん投稿の公開ができなくなってしまいました。

原因はREST-API

結論から言いますと、私の場合は
REST-APIの設定が原因でJASONレスポンスの更新エラーが起こっていたみたいです。

JSONレスポンスエラーの原因

原因を見つけるために、まずは関連のサイトをみて情報収集しました。

調べてみると、原因は一つに限らないようです。

参考にしたサイト

ネットビジネスで自由に生きる!会...
記事公開や更新時の「返答が正しいJSONレスポンス…」解決法まとめ ワードプレスで記事を書いて公開する時、また、修正して更新する時に表示されるエラーに「返答が正しい JSON レスポンスではありません。」というものがあります。 解決す...
たべばか
【WordPress】「更新に失敗しました。返答が正しいJSONレスポンスで…。」で投稿失敗したときの対処法   WordPressの新エディタGutenberg(グーテンベルク)で記事を投稿すると 「更新に失敗しました。返答が正しいJSONレスポンスで…。」ていうエラーが出て記事の投稿ができな...
ConoHaサポート
.htaccessの設定を編集する|ConoHa WINGサポート ConoHa WINGのご利用ガイド、よくある質問などの各種サポート情報をご案内しています。ConoHa WINGは便利なご利用ガイドと専任スタッフのサポートで安心してご利用いただけ...

エラー解決の為に試した事

解決に向けて私が試した事を以下に
まとめました。

  1. プラグインの無効化
  2. クラッシックエディタに変更
  3. ブラウザキャッシュの有効化OFF
  4. パーマリンク設定を基本に変更
  5. .htaccessの設定
  6. WAF設定をOFF
  7. REST-APIをOFF

元々、Cocoon側の設定エラーと決めつけていたので、そっちから試していきました。

1. プラグイン無効化

何らかの不具合が起こった場合の対策として、まず初めに疑うのはプラグインの不具合です。
無効化してキャッシュを削除しましたが、状況は変わリませんでした。

こばとら

プラグインを外すのが一番簡単だからね。

2. エディタの変更

次にブロックエディタをOFFにしてクラッシックエディタに変えてみることにしました。
結果は無事に下書きの保存ができ、
記事の更新も問題なく出来ました。

何日かは、何とかしのぎましたが、根本的な解決策ではない。

※2021年にクラッシックエディタのサポート終了予定 

サポート終了ってなんか不安だな

3. ブラウザキャッシュの無効化

次に試したのが、Cocoon設定にある、サイトの高速化でブラウザキャッシュの有効化をOFFにしましたが、何も変わリませんでした。

4. パーマリンクの設定

その次はWordPressの設定からパーマリンク設定へいき、基本を選択し変更を保存する。

これはクラッシックエディタ同様に問題を解決しました。

ちなみに基本以外では全てエラーが出てしまいました。

元々パーマリンクの設定は、記事の名前だった為、設定をいじる事は何となく嫌でした、なので次は、サーバー側の


セキュリティを試してみました。

後にわかったのですが、パーマリンクを基本にすると、.htaccessの内容が勝手に書き換えられてしまうみたいです。

5. .htaccessの設定


.htaccessはサーバー側のセキュリティの設定で、ワードプレス側の設定で勝手に編集されてしまうらしく、それによってJSONレスポンスのエラーが表示されることがあるみたいです。

詳しくはネット企業家 JINさんのページが参考になったので参照ください。

6. WAFの設定

WAFの設定をOFFにしてみましたが、何も変わらず。

そしてWAFのアクセスヒストリーを見てみると自分のサイトからのアクセスが攻撃対象になっていたので、除外してみましたが、解決はできません。

conoHaWingのWAF画面
conoHaWingのWAF画面

7. REST-APIの設定

conoHaWingコントロールパネル
conoHaWingコントロールパネル

最終的にREST-APIをOFFにしたところ、問題は解決できました。ブロックエディタも無事に使うことができました。

クラッシックエディタで更新していた記事は、崩れていたので修正が必要となりましたが、あとは問題なく作動しました。

試した事結果
1 プラグインの無効化 ✖️
2 クラッシックエディタに変更
3 ブラウザキャッシュの有効化OFF ✖️
4 パーマリンク設定を基本に変更
5 .htaccessの設定 ✖️
6 WAF設定をOFF ✖️
7 REST -APIをOFF
解決方法7つの結果

まとめ

私を含めて初心者の人は、エラーが起きた時に膨大な時間を使い調べなくてはいけないので、日頃からバックアップをとっておくことをおすすめします。

でももしも『返答が正しいJASONレスポンスではありません』のエラーが起こってしまい、この記事の内容で解決してもらえたら、幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents